jibun09の日記

長々とした日記を書いています

7月13日

7月某日

今いる職場の無期雇用転換の面接を受ける。今の雇用形態はいわゆる非正規で雇用期間に定めがあるため何もしなければ今年度いっぱいで退職ということになる。非正規といいつつここ2年はなんとか交渉で月給を上げてきたし賞与も出るので一人で生活する分には大きな不自由はないのだが、数年経ったら次の仕事の心配をしないといけないというのは精神衛生上良くない。国から提示された「非正規雇用の労働者が無期雇用の転換を求めたら応じなくてはならない」というルールへの言い訳として整備されたのだろう、ということは誰が見てもわかるようなこの制度にうさんくささを感じながらも、ぶら下げられた人参に年齢的にどうしても目が向いてしまう物悲しさのようなものを感じながら、面接官と20分程度対話した。

面接官から投げかけられたいくつかの質問への回答が支離滅裂になっており、自分は面接もろくにできない人間だ、社会人として失格なのでは、もうどこの採用試験にも受からないのではと思い落ち込んだ。半ばヤケになって祇園ルーマプラザに行く道すがら、知人にLINEをしたら励まされて少し落ち着いた。ルーマプラザに来るのは3回目で、これからも来るだろうと思い会員証を作った。普段は店員と積極的に話したりしないのだが、ポイントの還元率などを質問した。湯船と水風呂とサウナを往復して屋上の外気浴スペースのベンチに寝転がると、こめかみあたりの血流が激しくなっているのを感じる。トリップ。湯上りに入会特典の無料券を駆使して生ビールを注文、生姜焼き定食を流し込む。最近はルーマプラザに来ると『進撃の巨人』を読み進めている。しかし時間が空くと前の展開を忘れてしまうので、少し遡りつつ読む。人生は虚しい。そして人生の目標とか人が行動する理由とか、そういうものは人との関係性の中でいかようにもゆらぐものだ、みたいなことを考える。少し泣いた。

7月某日

今住んでいる家の退去手続きを進める。立会いの日程について不動産屋に問い合わせたところ、立会いは不要、鍵は部屋に置いて戸を開けておいてくれという。なんやそれはと思ったが、思い起こせば入居時から色々と難のある不動産屋だった。部屋の清掃が終わっているはずが未完だったり、アンテナ工事を依頼しても音沙汰がなく忘れた頃に業者がやってきたり、他にも挙げればきりがない。サイトや外見は良さそうな不動産屋だったのだがサービスの質とは必ずしも比例しないことを学んだ。

退去日と次の入居先は決めたものの、根本的な問題が解決しておらず、宙ぶらりんの日々が続いている。周囲に話すとさすがにはっきりさせるべきだと意見をもらうし自分もその通りだと思うが、なかなか事態が打開できないでいる。

6月12日

有給のため休み。

やはり5時とか6時に目が覚める。朝いちで耳鼻科に行く。昨日から喉がいがいがする感じがすると訴えるとどうやら炎症が酷い様子。抗生物質を処方される。どうやら20〜30代は自覚症状では大したことないと思っていても実は症状が酷いケースが多いらしい。確かに薬を飲むと少しマシになった気がする。

履歴書を書くためにスタバへ。書いたものを知人に添削してもらいたいと思い、相談のメール文を書くのに1時間近くかかってしまう。身体が冷えてきたので退出。丸亀製麺でうどん。安いのは良いが厨房の匂いがちょっと辛い。

上着を取りに一旦帰宅。家に入ってしまうともうだめで、眠気に勝てず昼寝。基本的に頭がぼーっとしていたのが少しすっきりする。

履歴書の続きをすべく出発。川端通りを歩いていると交差点のあたりに人だかりと警官がたくさん。なんだなんだ映画の撮影でもあるのかと思ってTwitterで検索するとどうやら上皇夫妻が京都に来ているらしい。交差点の端で立ち止まっていると「待ち合わせですか?上皇さまを見に来た?」と警官に声をかけられる。「いえ、ただ立ち止まってました」「そうですか、このあとちょっとここをどいてもらうかもしれません」そう言われて居心地が悪くなってしまいその場を離れる。特に皇室に思い入れがあるわけではないが、この目で見たことはなかったなと思い引き返す。いかにもミーハーって感じだなと思いつつ、いや見たいものは見たいのだ、と思って交差点の人だかりに加わる。大きめの無線機のようなものを持った警官が「あのパトカーが3分前の車でーす!」とアナウンスしている。人だかりに少し笑いが漏れる。イベント会場みたいだ。そうこうしているうちに、上皇ご夫妻を乗せた車が目の前を通り過ぎる。人に紛れて一瞬見えたのは美智子さまだけだった。上皇陛下は反対側を向いていたようで顔は見えなかった。観客は散り散りになって「一瞬だったのにオーラがすごかった…!」と興奮気味に話している。言われてみればそんな気もするし、けど一瞬だったのでわからなかったような気もする。

気が済んだのでスタバに戻る。履歴書の続きを書く。気分が乗り出したらそれなりに書ける。適当なところで見切りをつけたので退店。ブックオフを少し冷やかして、スーパーで豆腐と納豆を買って帰る。夕食は豚汁と納豆と卵かけごはん。何か観るかと思ってテレビやTVerやアベマやプライムを回遊するもどれも気乗りせず。

仕事のストレスに加えて履歴書などのタスクがあって疲れているのかもしれない。明日は早朝に目が覚めないといい。

4月26日〜29日

GW前日、金曜日。

仕事終わりに同僚を誘って飲みに行った。仕事の話、恋愛の話なんかをする。どのような関係性の同僚か、ということはここには詳しく書かないが、ある程度お互いの生きづらさについて分かり合っているつもりだ。だからそういう、人生の行き詰まり感にまつわるような話をひととおりする。少し飲みすぎたなと思うものの、悪くないなと思う。

GW初日、土曜日。

親戚の集まりがあったので顔を出す。祖母はもう90歳を越えていて、誕生日のお祝いがてら藤の花を見に行った。市営の浄化センターの一角に藤の花が植えられていて、確かに綺麗だったがあの行政主催イベントの独特の雰囲気に終始少しだけ居心地の悪さを感じていた。順路にいくつもテントが並んでいて、警察の啓発コーナー、文化庁移転のPRコーナー、地下鉄の制服コスプレコーナー…。昼は中華をたらふく食べて帰った。どう考えても食べ過ぎている。

GW2日目、日曜日。

大学時代の後輩2人と飲みに行く。合流したのは初めて降り立つ雑多な飲屋街で、昼間から酒を求めた人たちがごった返すまさに今日のためにあるような場所だった。この集まりは後輩2人のうちの1人(Aとする)が呼びかけてくれて、僕はもう1人(Bとする)とはそこまで親しいというわけではなかった。最初に入ったホルモン店の店員の70越えのおじいさんが客の多さに文句を言いつつ愛嬌のある感じでよかった。その後海鮮居酒屋に移って梅田まで歩いて、Bは早めに解散。僕とAでお好み焼きの店に入ったあと夜の街を徘徊してから帰った。2人とも既婚者で、やっぱり仕事と恋愛・結婚の話になる。

GW3日目、月曜日。

どう考えても前日飲みすぎたようで、酒が残っている感じはあまりないが身体が重く何もする気が起こらない。ひたすら布団の中でスマホをいじっていた。食事もお茶漬けを二杯とやけくそで買ってきたフルーツゼリーを2個、夜に味噌汁とマフィンを食べたくらいだ。アベンジャーズのエンドゲームをリアルタイムで観たいのでマーベル作品を観ているがまだまだ先が長い。この日はDisneyのサブスク無料体験に申し込んでソーのダークワールドを観た。面白かったが頭が朦朧としていてよく覚えていない。夜中にテレビをつけたらNHKの筋肉体操がやっていて、試しにやってみるとかなりきついが「きちんと理屈をわかっている人がポイントを教えてくれている」という感じがして信頼感があった。またやってみようかなと思う。

4月24日

ポメラの不具合の件、説明書を引っ張り出してきて充電のし直しやリセット等を試してみたものの埒があかず、ネットで色々と検索したところ故障の可能性が濃厚な気がしたのでカスターマーセンターに問い合わせ。電話口の担当者のガイドでバックライトが消えているだけ説を検証するもやはり故障だろうとのこと。ネットを見るとけっこう衝撃に弱いという話があがっていて、そういえば購入以後ずっとリュックに入れっぱなしにしていた。いや、持ち歩きを想定しているデバイスなのだからそのくらいの使用には耐えてほしいのだが、せっかくリュックに装備されている背中部分のラップトップ用ポケットを活用せず収納していたのが仇になったのだと思う。そういえば最近割とリュックを雑に床に置くこととかが多くて、物理的な衝撃が原因だと言われてしまえば何も言い返せない。ポメラがあろうがなかろうが文章は書いたり書かなかったりするもので、だから修理に出すかどうか少し迷っているものの、とりあえず出す方向で進めている。修理代金はしめて二万円ほど。もともと中古の購入なので合計したら新品を買うのと変わらない値段になって…というのはこの間iPhoneを買い換えた時も同じことを考えていたな。なんでもかんでもメルカリで買おうとするのも考えものか。

in the blue shirtの「TTHW」最終話が良かった。

youtu.be

僕はDTMのことは本当に疎いし機材のこととか楽曲制作のことはわからないけど、なんか良かった。と同時に、なんとなく不安になる。in the blue shirtことアリムラ氏はサラリーマンをしながら楽曲制作をしている人で、彼のブログとかを読んでいるとまぶしく見えてしまう。うらやましいなと思う。経済的基盤をきちんと確立しながらやりたいことをやる。ご本人はご本人で色々あると思うのだけれど。自分より年下の人がそうして活躍しているのを見て焦るというのはどういうことだろうか。別に音楽畑の人間でもないというのに。ついこの間更新された氏のブログの「善意でまわっている」という表現にも感化されているのだろう。いい人に恵まれているんだろうなと思ってうらやましくなった。

arimuri.hatenablog.com

同時に、オードリーの若林氏の新著に関するブログを朝方に布団の中で読んだことも影響しているのかもしれない。「斜に構える自意識」について一貫して描かれているエッセイとのことで、自分にも思い当たる節があるよなあと思う。「みんなより10年遅れている感じ」とかわかる~、という感じだ。

(リンク貼ろうとしたけど見当たらなくなってしまった)

自分はこういう人間だ、という確固たるものを持ちたいという欲求と、あまり規定してしまうとつまらないよな、という思いが拮抗している。仕事はそこそこでええのや、仕事にとらわれない空白の時間こそが~みたいなことを言いたくもなるし、いやいや仕事は仕事でええもんや、朝はしんどいし通勤中からもう帰りたいとかつぶやいてるけど、いざ同僚と話したり手を動かしている時間はそれはそれでいいなと思う。要はバランスなのだ、とか言いそうになるけどそんな単純は話でもないよなとも思う。

ちょっと話は戻るがこの間京都メトロで開催されたイベント「ALPS」に行ったのはよかった。

 鎌倉旅行の帰りすがら、自宅に荷物だけ置いてはしごしたわけだが、「こんな後半だけ行って楽しいのか」「どうせクラブイベントは身内ばかりなのでは」「明日も仕事なのだから休むべきでは」という気持ちもあるにはあった。ただ、やっぱり行ってよかったというかやっぱり楽しかった。30を過ぎて明らかに年下の人が大半であろう空間に行って踊り狂っているというのは自分でもどうかと思うが、楽しかったのでよしとしたい。

あとポメラのデータは全部消えるらしい。購入後、喜んでほぼ毎日何か書いていたりカレンダー機能を活用して日記とか書いていたのもバックアップを取っておくべきだった。世の中には無くなってもなんとかなるものと、そうでないものがあるなと当たり前のことを思う。

4月23日

文章を書くぞと意気込んでミスドに来たものの、ポメラの電源が入らず絶望していまスマホから直接はてなアプリを開いてこれを打ち込んでいる。きっとこの数週間カバンにずっとしまいっぱなしになっていたポメラは少しずつバッテリーを消耗して音もなく力尽きたのだろう。しかしもうちょっと耐えてほしかったな。

乾いた咳が止まらない。花粉とかのアレルギー症状かと思っていたけれど薬もちゃんと飲んでいるし、原因がよくわからない。風邪にしては体のだるさとかがない。職場の人曰く「咳喘息では」とのことで、ちょっと心配なので明日まずはかかりつけの耳鼻科で診てもらうことにする。かかりつけと言っても最近行き始めた病院で、午後は歯医者に行く予定だ。病院三昧。いろんなところにガタがきているのかもしれない。

職場に履いていくズボンがほしい。気に入っていたやつに穴が空いてしまって修復不可能な雰囲気を醸し出しており、この間もうユニクロでいいやと思ってスラックスを2本買ったのだけどうち一本があまりに安っぽいというか、テカテカしたネイビーでどうも好きにれない。履いて外に出るたびにテンションが下がる感じがだめだ。前のお気に入りは古着屋で見つけた一点もののリメイクされたスラックスで、同じようなのが入荷してないかなとネットショップや店頭を何度かのぞいたけどもう置いていなかった。今日サイトを開いたらそれに近いものが出ていて取り寄せてみようかなと思っている。

連休が始まる。今の職場はありがたいことに十連休が適用される。遠出をするとか旅行をするとかいうことはなく、細切れの予定がちらほらと入る予定。僕は長期の休みがあっても放っておいたらなかなか旅行とかしないタイプなんだなとあらためて思う。と言いつつふらっと韓国とか台湾とか行きたさもある。

仕事を探さないといけない。今の仕事は任期付で今年で最後だ。未だに頭をもたげるのは、自分がこの歳になってまともな社会人あるいは組織人としての教育を受けられていないのではないかという感覚だ。それと、それなりに安定した会社でそれなりに働いて、それなりに給料をもらってという状態がいいなと思うのだけど、それを正面きって言うのを躊躇してしまう感じがある。仕事観みたいなのが形成されていない気がして、コンプレックスに感じてしまう部分がある。みんな仕事のこと、どう考えてるんだろうか。

Perfumeのコーチェラのパフォーマンスがべらぼうに良かった。配信はリアルタイムには追えなかったけど帰宅してギリギリ見られた。最近Perfume熱は落ち着きつつあったけど再熱した。TLを眺めていても普段Perfumeのことなんて全然言及しない人がたくさん反応してて嬉しくなった。この興奮は数年前のSXSWでのパフォーマンス時に近いものがあると思う。海の向こうの、世界的に有名なフィールドでPerfumeがパフォーマンスする。何をやるかは誰も知らない。でも何かすごいことをやるはず。画面の向こうでたくさんの人が見守る中、その期待を遥かに超える形で応えてくれて感無量だった。現在進行形で新しいものを見せてくれて感謝、、という感じだ。

4月13日 新幹線

新幹線に乗っている。大学時代のゼミの友人たちの集まりがあり、それに参加するためだ。集まりをやる、と聞いた時は正直行くかどうか迷っていた。場所が遠い。関西圏に住む自分からすれば、開催場所は気軽にふらっと行けるような場所ではないし、電車を乗り継いで4時間近くかかる場所だ。そして何より、ゼミの友人たちに会うということは多少のエネルギーを必要とする。気兼ねなく、何のストレスもなく、心を許せる人達かと言えば、自分にとってはそうでもないのだと思う。もちろん友人たちとは学生時代の2年間をともに過ごしたわけで、それなりに思い入れも持っている。けれど彼らとは持っているバックグラウンドが違うというか・・・いや、単純に僕以外のほぼ全員が帰国子女で英語が堪能でインターナショナル感が強いこととか、僕以外の多くの人が名の通った企業に勤めていておそらく高給取りになっていたり、僕以外の多くの人が結婚して子どもがいたりする、そういう状況で自分と周囲を比べてしまう感じになることが予測されたからだろう。それでも集まりに行こうと思ったのは、開催場所が前から行ってみたかった鎌倉付近であるということ、ちょっと自分の生活も落ち着いてきて少しは落ち着いた気持ちで友人たちと接することができるようになってきたのではないかと思うからだ。片道13000円の交通費を払うだけの意味があるのだろうか・・・みたいな考えが新幹線の座席に座ってから浮かんだりするけれど、それ以上は考えないことにする。とりあえず僕は今、コンセント付きの窓際の席が取れず、3人掛けの通路側の席で、隣の屈強な大柄の外国人の横で肩身狭く座って目的地に少しずつ近づいている。肘掛けが毛の濃くて太い腕に占領されていて辛い。

3月25日

目が覚める。時計を見ると06:40。最近ほぼ毎日この時間に目が覚めてしまう。しばらくスマホをいじってゴミの日であることを思い出す。寒いので外に出たくなかったのだが仕方なく家の前までゴミを出しに行く。異様に眠かったので二度寝する。

9時頃目が覚めて朝食をとる。ベーコンエッグを挟んだサンドイッチ、白菜と玉ねぎのスープを食べる。最近野菜が不足している気がする。

少し部屋を片付けて耳鼻科に行く。平日だから混んでないかと思いきや思いのほか人が多い。前にもいた受付のお姉さんがかわいい。人数の割に早く呼ばれ、具合を見てもらう。しばらく通わないといけないらしい。待合スペースには日本昔ばなしが流れていて、今日は『一休さん』だった。市原悦子の声がする。幼い兄妹が画面に釘付けになっている。

帰宅すると異様に眠いのでしばらく横になる。ネットを徘徊しながらうとうとする。しばらく寝てお腹が空いていることに気づく。朝のスープに王将の冷凍餃子を入れて昼ごはんにする。プライムで相席食堂を見る。

相変わらず眠い。忙しさのせい、昨日の疲れのせい、花粉症のせい、気圧のせい、色々要因が考えられるけどとりあえずもう一眠りする。

体を起こしてスマホをいじりつつ珈琲を淹れる。昨日買ったアルフォートをつまみつつ、一息つく。自転車の空気を入れる。バレンタイのお返しにと思って同僚に買ったコーヒー豆をずっと渡せていなくて、今朝ついに使ってしまった。明日なら渡せるだろうと思い、散歩がてら家を出てカフェに向かう。

行きがけのコンビニでコーラを買って、川沿いに出てこれを書いている。立ち止まるとまだ肌寒い。昨日は人の悪意にわざわざ触れに行ったような1日だった。そろそろ髪でも切ろうかなと思う。