読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jibun09の日記

「今見えているものはこう」というのを書きとめておける場所として、置いておこうと思います。

引っ越してみて

怒涛の一週間だった。
引越しに向けた荷造りをして、「2泊3日で何かを書く」という合宿を友人とやって、友人のログハウスづくりを手伝って実家に帰ったりして昨日引越しだった。

昨日の夜に7割がた片付けて、今日100均でこまごました日用品を買ってきてだいぶ落ち着いた。

新しい部屋は通りに面していて案外車の音が大きく聞こえる。夜中でも窓を開けてると気になって、眠れないというほどではないけど「あー車走ってるな」といちいち思う。あとキッチンが前の部屋よりもやや狭いのがストレスで、なんとか工夫したい。

「住んだら慣れてしまうのだろうか」と思っていた鴨川沿いの景色は、早くも慣れてしまった感がある。家というのはやっぱり生活をする場所で、料理したり洗濯したり風呂に入ったりの繰り返しが気持ちよくできればそれで良いのではないかという気もしている。川を見たくなったらすぐ行ける距離の場所ならそれで良かったのでは、という気もする。

でもまあ今回の引越しはそもそもシャワー共用の部屋はしんどいというのと鴨川沿いに住んでみたいというのが重点だったのでとりあえず住む。

前の引越しの時もそうだったけど、もう少し時間が経ったら、1ヶ月とか2月したらもう少し感じも変わるんではないかと思う。またどうしても移りなくなったらその時移ったらいい。

引越しなんてお金も手間もかかるから慎重にならないと、みたいな話もわかるけど、こうやって一個一個確かめるのがおもしろいのでよしとする。そもそもお金、そんなにかかっていなくて、人によってはうん十万という話も聞くけどそんなにかかってない。確かにふだんの経済活動の規模からいうとかなりかかってるのは事実なのだけど、それは数字を見ると分かるというだけであんまりお金がかかるからおおごとだという感じが不思議としない。どちらかというと生活環境ががらっと変わることで自分が必要だと思ってることと案外どうでもいいと思ってることがけっこう見えるので、その不負荷が大きい気がする。

あと何日かするうちにローテーションの食材が揃って休みも終わって、生活する上で便利な物の配置や足りない物もわかってきて、となると思う。それまではとりあえず今の感じで生活がつづく。

今日の夜

今日はいろいろと節目というか楽しかった。

わりとおっきい仕事がひと段落して、職場の人とメキシコ料理食べて、そのあとバーを二軒はしごしていま帰ってきて、別にそのまま寝たらいいのにわざわざこれを書いている。

バーに行けたのがよかったな。一緒に行った同僚の人にいろいろ教えてもらって、葉巻のことや音楽のこと、京都のカルチャーのこと、楽しいことはたくさんあって、それを幾つになっても楽しめること、それが素敵でうらやましくて、嬉しくなって結局いまの時間まで街を闊歩していた。

2年3年前に自分がこんな時間を過ごしていることは思いもよらなくて、でも2年や3年前に体験したことや考えたことが自分の意思とは別のところでどうしてもつながっていたりしていて、それをすごく実感するような時間だった。

「京都に30年も住んでたらね、いろいろありますよ」というのは今日いろいろ連れて行ってくれた同僚の人の言葉で、最近年を重ねるというのはいいことなのかもしれないみたいなことをぼんやりと考えていたタイミングでもあったので、とてもよかった。

30年弱しか生きてないけれど、最近年を重ねることの楽しみみたいなのはあるかもしれないと思っていて、具体的に書くのが面倒だなという気分もあるので細かくは書かないけれど確かにそういう感じがあって、今日の夜はそれを象徴するような夜だった。

半分酔っ払って書いているようなこんな文章を誰が面白がって読むんだろうという気もしているけれど、こういうところで通じる人がいるんじゃないかという微かな実感みたいなものがあるから書いているという事情もあって、別にものすごくたくさんの人に共感してもらうための文章を書いているのではなく、自分が感じた些細なことを書くことで共鳴したりする人がほんの数人でもいるかもしれないということが動機になって書いている部分というのがある。

日本語は支離滅裂で読みやすい文章なんてあったもんじゃないけれど、この場の勢いみたいなもので書き残したものがあとで読み返した時に「いまのこの感じ」を真空パックするようなことになるんじゃないかという希望というか期待がある。

コンビニで買ったカフェオレもなくなったし、歯を磨いて寝ることにしようと思います。

ねこシッター

今日は友人が帰省するというので、ねこシッターをしています。

昨日の夜に着いて、ごはんあげて、今日の朝起きて、ごはんあげて、さっき晩ごはんをあげて、明日の朝ごはんをあげて、そのまま仕事に行く。あとはトイレと水の世話を。

ねこシッターといっても昼間はとくにすることがないので、基本的には家の中にいて、見逃していた『フリースタイルダンジョン』をネットで観たりおススメされていた『北の国から』を観たり、保坂和志の小説を読んだり昼寝したりしていた。庭のミントを拝借してモヒートをつくろうと思ってレモンの買い出しに行った帰りに金麦を飲みながら帰ってきて、いまさっきトマトパスタをつくってシャワー浴びてブログを書いている。

やっぱりネットが普通に使えるというのはいいな。自分の家では格安simの速度制限をちまちま解除しながら使っていて、いまみたいにradikoFM802を聞きながらだらだらとブログを書くみたいなこともちょっとやりにくい。ラジオからはフジロックのライブ音源が流れていて、Homecomingsが唄っている。

机と椅子があるというのもいいな。家には低いテーブルしかなくて座布団を敷いて座っているのだけれど、やっぱり椅子に座って何かしたい場面というのはあって、というかなんだか落ち着かないとき椅子があって座ってみるとどこかしっくりくる感じというのはあって、やっぱり椅子がほしい。

さっきつくったパスタはトマト缶を使っていて、いつもは缶の半分しか使わないのだけれど今日は余らせても困るのでまるまる一缶使ったらやっぱり多くて、ちょっと食べ過ぎた感がある。微妙に皿に残してしまったトマトソースは、つまみに買ってきたポテチにつけて食べるとよいのでは、と考えているけれどいざ食べるとポテチだけで食べたほうがうまい、という結論になるのではないかという予感をうっすら持ちながら、この後試すことになるのだと思う。

シン・ゴジラ』を観てから特撮熱が高まっているというか関連作品を観たくなっていて、ぜんぜん活用してないAmazonプライムをさっき観たらゴジラはないけどガメラシリーズはけっこうあって、「京都駅がぐちゃぐちゃになるあれが観たい」と思ってガメラ2を探したら京都駅がぐちゃぐちゃになるのは3だった。イリスが出てくるあれだ。2の予告を観たら2を観たくなって、京都駅は出てこないことに気づいたけどこのあとたぶん2を観るとおもう。3は前田愛がイリスに取り込まれるシーンがものすごく印象深くて、子供のころ観ながらドキドキしていた。そこのシーンばかり覚えていて、京都駅のシーンが霞んでいた。2はほとんど覚えていなくて、やっぱり2を観ると思う。

モヒート飲みながら観よう。

いろいろあって片想い

気がついたら一週間くらい何も書いていなかった。厳密にいうと「あー最近なにも書いてないなあ」と前から気づいてはいたけど、とにかく久しぶりに書く。

この間にいろいろなことがあって、自転車買ったりDJ機器を売り払ったり布団が雨に濡れたりゴジラ観たり、でもひとつひとつ書く感じでもなくて、こうして書くことでとりあえず今に着地している。

昨日はほんとうに久々に仕事でヘマをして凹んで、けっこうダメージを受けていてぐったりしていた。ふらふらになって帰ってきて、今日はもうダメだ、ごはんつくれないと思って王将に入ってやたら量の多い定食を頼んでちょっと残してしまって、倒れこむように家に帰ってきて寝落ちした。今日はそのヘマの件はちょっと落ちついて、精神的にもちょっと落ちついて持ち直した感がある。昨日の今頃はなんかもう絶望的な気分になっていたけど、1日経てば状況は変わるものだ。ああそうだ、土曜日は携帯も変えたんだった。友人と共同で借りていたアパートも解約してきた。いろいろ変化が大きすぎて処理が追いついていない感じがする。

今日は片想いのアルバムを仕事終わりに一回帰ってわざわざ自転車でタワレコまで行って買って来た。ひととおり聴いた感じだと前の「片想インダハウス」のときの衝撃にはかなわない感じがするんだけど、「V.I.P.」はダントツに好きだ。

 

soundcloud.com

 


片想い〜予告その1〜 / 2016年5月20日

 

ボーカルの片岡シンと、あとMC.sirafuなのかな、やたら高い素っ頓狂な声のコーラスを聴くと、「ああ片想いだ…」ってなる。すごく間抜けな感じがするけど芯が通ってるというか、そうアイス食べながらコーヒー飲むとか、酒飲みながらタバコ吸うとか、そういう両端に振り切った気持ち良さに近いものを感じて、気持ちがいい。

片想い、また京都に来ないかな。

 

ポケモンやりたい

引越しの書類の関係で実家にいた。
そろそろ帰るかと思って出て、街中に来たけど家に帰りたくなくてフランソワに来てぼーっとしている。

ポケモンやりたいな。
「最新の機種じゃなくてもぜんぜん十分」とかいってずっとiPhone4Sを使っていて、ダウンロードはできたけど案の定ハードがショボすぎてアプリが落ちる落ちる。未だにギャラドスのロード画面までしか見てない。
2年くらい前はこういう流行りのものとか話題のこととか、別にいいかなという気分だったけど最近そうでもない。ポケモンやりたい。
いまはガラケーWiFi環境で使う4Sの二台持ちで、9月にガラケーの更新月だからたぶん格安スマホに変えると思う。
でもまだ1ヶ月以上先だし、その頃にはポケモン熱も収まってそうでちょっと寂しい。

初代のポケモンもプレイしたのは周りより数年遅かった。いちばんホットだった時期はゲームボーイ持ってなくて周りの子が通信ケーブルで対戦してるのを横で見ていて、僕が始めた頃にはたぶん周りはあんまりやってなかった。

小学校の頃は流行りのお笑い番組とかがぜんぜん分からなくて、「知らないの?w」みたいな反応をされるのが辛かった。具体的にはめちゃイケとかもう少し後になるとロンハーとか、親があんまりそういう番組を好きじゃないというのを敏感に察知してあんまり見てなかったのだと思う。その頃はそれを見たいかどうかというより、輪に入れなくて寂しいという感じの方が強かった気がする。

今は別に何に気を使うことなく見たいものは見たらいいし、やりたいことはやればいい。
だから、街でポケモンしてる人がうらやましいなあ、いいなあって言えてるのはまあ良いかんじだ。うらやましい、って言えるとちょっとすっきりする。

今は何もする時じゃないよ

今は何もする時じゃないよ
今は何もする時じょないよ


退廃的で、下品で、けだるくて、ネガティブな感じと、上品でポジティブで退廃的の対義語が分からないけどとにかく前向きなものと、両方ないとダメだみたいなニュアンスの文章をどこかで読んで、そのことを思い出している。

めでたいことと、けだるいことと、その狭間にいて、とりあえずお腹が空いた。

やっぱりフィッシュマンズの大阪ライブ行けばよかったかな。

なんか落ち着かなくなって家を出て、40分くらい川沿いを歩いてスーパーで3割引のメンチカツ買って歩いてもう帰ろうと思ってかれこれ10分くらいバスを待ってる。
今日はほんとにどうしようもない日で、早朝からパンケーキ作って失敗してジャケットをクリーニング出そうと思って行ったけど平日のほうが安そうだったから出すのやめて、自転車屋で中古のクロスバイク見て塩焼きそば作って、散髪しようか迷って散髪屋の前を2周くらいして結局やめて、横綱あられ買ってきて家でDVD観てた。
あられ買ったくらいで今日は人や社会と関わりたくないんだと気づいた時は嬉しくてしばらく快調だったけど、DVD一本観終わったくらいからまた調子が悪くなってきて部屋をぐるぐる行ったり来たりしていた。
公園に出てタバコを吸ってみたりしたけど状況は同じで、とりあえず歩こうと思って家を出て川へ行った。
「不安に駆られた時は歩くといい」みたいな言説があって体感的にもそうだなという気がしていたので家を出たけど効果があったのか何なのかわからない。
とりあえずクリアアサヒを買って家に帰り着いたので土鍋で米を炊いてタッパーのカレーとさっきのメンチカツ食べようと思う。